Fast food

料金の違いの理由

種類による価格の違いとは

秋になると果物狩りの代表的な存在として名前が挙がるぶどうですが、一口にぶどうと言っても実に様々な種類があることをご存知でしょうか。農園では50種類ものぶどうを栽培しているところもあり、当然種類によって味も値段も違ってきます。 有名なものとしてはぶどうの王様である巨峰、種がないため子どもにも人気なデラウェアや一番人気のピオーネなどがありますがどのくらいの値段の開きがあるのでしょうか。 まず巨峰は1房当たり500円ほどで、ぶどうの産地として有名な山梨県では400円ほどで手に入ります。一方デラウェアは1房200円、ピオーネは400円くらいがスーパーの相場です。 一般的に買いやすい値段なので数種類を食べ比べしてみるのも良いかもしれません。

ぶどうの歴史について

ぶどうは果物の中でもかなり歴史があり、古くから栽培されています。古代エジプトからワインが飲まれており、古代ギリシアではワインをつくるための栽培が盛んにおこなわれて農園が増えていきました。 栽培には温暖な気候が欠かせず、時代により盛んになったり衰退したりを繰り返しており、日本での産地で有名な甲府でぶどうの栽培が盛んになったのは江戸時代の頃です。 明治時代になるとワインのためのぶどうはほとんどが輸入されたものになり、同時に日本でも栽培を試みましたが気候が違うために定着できませんでした。 一方アメリカの種類は日本の土に定着しましたがワイン用より食用に適しており、デラウェアなどの生食用の品種が広まっていきました。

Copyright© 2015 宅配を活用する事によって得ることが出来る利便性 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com